はだか・はだしで、たくましい体。多くの子どもたちが、皆勤賞。

エンゼルガーデン幼稚園では、園児たちは基本的にみんな、はだか・はだし。基礎体力を鍛え、たくましく育つために、春夏秋冬、1年中、屋内外関係なくそうしています。また、乾布摩擦も取り入れています。

その成果か、年間を通して1日も休まずに幼稚園に通ってくれる子どもたちがたくさんいます。毎年、全園児およそ300人のうち70~80人が皆勤賞。3年間、ずっと休まなかった子どもたちも毎年数名出てきます。

丈夫な体に、たくましい心は宿る。はだか・はだしは、そんな考え方のあらわれです。

イメージ

ページのトップへ

はだか・はだしに、ならなくてもいい。子どもの自主性に任せています。

もちろん、はだか・はだしは強制ではありません。なかには、体操服を着たままの子どもたちもいます。

子どもを、ルールにはめ込まない。自主性を大切にし、個性を伸ばす。

それがエンゼルガーデン幼稚園のモットー。

でも、はだか・はだしで元気に走り回っている友達を見ているうちに、ほとんどの子どもたちがだんだん自分から服を脱いでいくんですよ。

ページのトップへ



ANGEL NEWS 園からのお知らせ・新着情報

2017年11月18日
忘れ物 [今日のエンゼルたち]
2017年11月18日
第54回ドリームフェスティバル [今日のエンゼルたち]
2017年10月23日
休室のお知らせ [今日のぷぅらんど]
2017年10月23日
休園のお知らせ [今日のエンゼルたち]
2017年10月22日
台風21号の対応について [今日のぷぅらんど]

More